iPhone5sのフロントガラスを割ってしまったので、AppleStoreのGeniusBarで交換対応してもらった話。

 

こんにちは、たけぞうです。

先日書いた記事の通り、1月に機種変更してばかりのiPhone5sを落下、見事ガラス割れしました。
既にiPhone4・iPhone5を使用し、三代目のiPhoneとなる5sですが、今まで落下は数あれど、割ったことは無かったので油断があったのでしょうか。
今回の落下はなんかヤな音が聞こえた気がしました。石畳の上だったからでしょうか。拾い上げたら無残な姿がそこに(涙)
しばらく動揺が隠せませんでしたが、「確かAppleCareがあるはず」となんとか心を落ち着かせました。
実は、今までiPhoneにAppleCareを付けたことはなかったのですが、先日のカメラ不具合の経験と、auの契約時の必須オプションだった事もあり、念のため5sにはAppleCareを付けていました。
GJ自分!
本当はスマートパスがあれば更に良かった(auが自腹の分も負担してくれる)んですが、こちらは早々に解約したのでありませんでした。残念。。。

さて、気を取り直して対応を初めます。

1. 修理の是非を判断する。

まず、そもそも修理するかですが、実は動作は問題なく行えるのです。
ちょっと指先がざらつくのと、画面が見にくいくらい。
なので、あと少しで機種変予定とかなら、あえて使い続けるのもありです。
しかし、今回は機種変後1.5ヶ月。あまりに早い。
これは修理以外の選択肢はありません。

2. 保証状況の確認。

次に確認するのは保証期間とAppleCare加入の有無ですね。
通常の不具合は保証の範囲で対応可能ですが、今回のような自責の場合は有償対応になります。
その場合にはAppleCareが効いてきます。
自分は幸いにも加入していたので、最低限の費用で済みそうです。

AppleCareは、通常90日の無償電話サポート+1年間の保証を、それぞれ2年に延長してくれます。
また、操作上の不慮の事故に対する修理などのサービスを、1回につき7,800円のサービス料で最大2回まで受けることができます。
要は、今回のような落下等の自責の場合でも安く対応しますよってことですね。

通常修理(交換)は27,800円。
AppleCareの場合は7,800円(+AppleCare自体が9,800円)=17,600円。
差額10,200円となります。

もし、もう一度発生すると更に費用差は広がりますね。

3. 窓口へ連絡。

次に窓口へ連絡します。
まずは電話で相談しましょう。
連絡先は、0120-27753-5 です。

担当者に繋がると、まず聞かれるのは

  • IMEI番号
  • 氏名
  • 連絡先電話番号
  • です。
    シリアル番号を聞かれるかと思いましたが、今回聞かれることはありませんでした。

    状況を伝え、AppleCareの状況を確認すると、
    「間違いなく、AppleCareに加入している」との事。一安心です。
    ここで、修理交換対応の費用として7,800円が必要と案内されました。
    実際に交換する手立てとして

  • 通常の郵送
  • 直営店
  • 正規サービスプロバイダ
  • を案内されました。

    「通常の郵送」は、自分のiPhoneを修理に出すと、修理対応をして返送されるもの。
    期間は約1週間との事。
    ごく普通の対応だと思いますが、iPhone、つまり携帯電話を1週間手放すのは結構ツライです。
    そこで、郵送は郵送ですが「エクスプレス交換サービス」というものがあります。
    これは、先に交換されるiPhoneが送付されてきて、受け取りと同時に修理対象のiPhoneを返送するというもの。
    なんだこれでいいじゃん!と思いますが、制約が2点。

  • カード一括先払いのみ
  • 日時指定不可
  • カードはいいとして、日時指定出来ないのは勤め人としては辛い条件ですね。

    「直営店」は要するにリアルのアップルストアでGeniusBar行きですね。
    立地的に問題ないなら、これが一番早そうですが、部品在庫次第では預け対応の場合もあるそうです。

    「正規サービスプロバイダ」は自分の行きやすい地域を言えば近場を教えてくれます。
    自分はさいたま市近辺で確認したら、最寄りは「クイックガレージ大宮」でした。
    こちらも部品在庫次第なので要確認です。

    自分は勤務地が都内なので、仕事帰りにアップルストア銀座に行くことにしました。

    4.GeniusBarを予約。

    GeniusBarはいつも激混みですが、予約システムがあるので早々に予約しましょう。
    webサイトか、iOSアプリで予約可能です。
    都合のいい日時を押さえたら、時間に合わせてストアに行くだけです。

    5.GeniusBarに行く。

    予約した日時になったら、予約先のアップルストアに行きましょう。

    Geniusのフロアに行くと、スタッフの方が訪問内容を確認しに来てくれると思うので、予約の時間と内容を伝えましょう。
    順番に呼び出されます。

    自分の番になったら、現物見せて一発で交換対応が決定。
    基本は修理と言っても本体まるごと交換なので、必ずバックアップを取りましょう。
    僕は、自分のMacBookAirを持ち込んで、その場でバックアップを取りました。

    後は、スタッフさんが交換用のiPhoneを持ってきて、SIMカードを差し替えるだけで完了です。
    一応、動作確認として物理ボタンや画面のタッチ、カメラの写り具合などを確認して、問題なければおしまいです。
    今回はカードで決済したので、スタッフさんのiPhoneで決済とサインをして、レシート貰えばOK。
    その後、交換となった割れた方のiPhoneはデータの削除を目の前で行ってもらいました。自分で削除指示のボタンを押すので確実ですね。

    こうして、晴れて僕のiPhoneは生まれ変わりました。

    このような不幸が再び無いよう、気をつけましょう。。。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    この記事へのコメントはこちら

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。