AWSインスタンスにSFTPで接続(Cyberduck)

 

こんにちは、たけぞうです。

AWSインスタンスに対して、ターミナルからの接続はできましたが、今度はGUIクライアントを用いてSFTP接続も行ってみましょう。

ここではMac上でCyberduckを使用しますが、他のSFTPクライアントでも同様の操作になると思います。
AWSの秘密鍵は既にローカルに保存されているはずなので、そのまま使います。

SS_sftp01
まずはCyberduckをインストールします。

ss_sftp02
http://cyberduck.io/へアクセスしてダウンロード、もしくはMacAppStoreでも入手できます。
Cyberduckは一応無料で使えます。が、ドネーションウェアですので、寄付を行うと良いです。自分は、すみませんまだ寄付しておりません。
MacAppStore版は有料となっています。

早速起動しましょう。
ss_sftp03
するとブックマーク画面が表示されます。
この左上にある新規接続をクリックします。

ss_sftp04
すると、接続先の設定画面が現れますので、設定していきます。
・一番上のポップアップからSFTPを選択。
・「サーバ」に接続先インスタンスのIPアドレス。
・「ユーザ名」に接続ユーザ名(ここではec2-user)
・「パスワード」はブランクのまま。
・「詳細設定」の「公開鍵認証を使用する」にチェックをしてダイアログから使用する秘密鍵を選択。

以上で接続すると、インスタンスへのSFTP接続が出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。